廣瀬花子選手コンスタントウェイト ウィズフィン種目で-100m達成!女子史上2人目!!

バハマで開催される国際大会「VerticalBlue」で廣瀬花子選手がコンスタントウェイト ウィズフィン種目において女子史上2人目となる-100mを達成しました。

本記録は世界新記録まであと2mに迫る大記録です。(5月5日時点)

大会の様子は大会Webサイトのほか「海とダイビングの総合サイトオーシャナ」で特集記事が掲載されます。

大会Webサイト海とダイビングの総合サイトオーシャナ

 

大会概要

開催地:バハマ共和国 ロングアイランド Dean’s Blue Hole
大会期間:4月30日~5月10日
実施種目:海洋3種目

  • 「コンスタントウェイト ウィズフィン」
  • 「コンスタントウェイト ウィズアウトフィン」
  • 「フリーイマージョン」

選手数:38名
参加国数:13

大会開催場所のDean’s Blue Holeは波無し、流れ無しのフリーダイビングに絶好コンディションで、毎年世界記録が更新されており、日本人選手にも大記録が期待されます。

 


参加選手

【コンスタントウェイト ウィズアウトフィン世界記録保持者】
木下紗佑里木下紗佑里

【AIDA世界選手権 団体戦 2012年、2016年優勝チーム 人魚JAPANメンバー】
岡本美鈴岡本美鈴

廣瀬花子廣瀬花子

福田朋夏福田朋夏


 

BlueHoleとは

かつて鍾乳洞など陸上にあったものが水中に没してできたもので、世界にいくつかあるなかで、バハマのロングアイランドのDean’s Blue Holeは世界でもっとも深いものです。

形状を断面にして見るとまさに徳利の形で、水面近くは直径100mの水深1m未満、最もくびれたところは直径25〜35mの水深20m。真上からしか光が差し込まないため、くびれた箇所より深いところ真っ暗です。
三方を崖に囲まれているため風の影響を受けづらく、開いている1方向も海岸までは水深2m未満の長い浅瀬になっているため、外洋の波、流れの影響をほとんど受けないというフリーダイビングのためにつくられたような場所です。

画像などの詳細情報はこちら
重要なお知らせ一覧へ戻る