フリーダイビング世界選手権で 日本女子チーム(人魚Japan)が金メダル達成!

ギリシャ・カラマタにて開催されたフリーダイビング世界選手権 団体戦「2016 AIDA Team World Championships」にて日本女子チーム(岡本美鈴選手、廣瀬花子選手、福田朋夏選手)が、現地時間2016年9月25日(日)金メダルを獲得しました。

日本女子チームはフリーダイビングの強豪国として他国からマークされる中、各選手安定した実力を発揮し、大会中一度も1位の座を譲ることなく2位チェコ共和国に30点以上の差をつける圧倒的な強さで金メダルを獲得しました。

【大会最終結果】

  • 1位 日本 715.0点
  • 2位 チェコ共和国 671.7点
  • 3位 ロシア 650.4点

【フリーダイビング世界選手権 団体戦女子代表(人魚JAPAN)チーム】

nj-2016

左から、廣瀬花子選手、岡本美鈴選手、福田朋夏選手

【2016 AIDA Team World Championshipsについて】

「AIDA Team World Championships」は2年に一度開催され、一カ国男女3名ずつの選手で行う男女別の団体戦で、フリーダイビング界の最高峰に位置づけられる大会。競技は、以下の3種目を行い、男女別に国ごとの総合得点で順位を競います。

  • コンスタントウェイト・ウィズフィン  (海で潜る深さを競う)
  • スタティック・アプネア               (プールで息を止める時間の長さを競う)
  • ダイナミック・ウィズフィン           (プールで水平に泳ぐ距離を競う)

本年は2016年9月17日(土)から9月24日(日)までの9日間、フリーダイビング発祥の地とも呼ばれるギリシャのカラマタにて開催され、各国から選抜された男子12か国35人、女子11か国30名の代表選手によって行われました。

【関連サイト】

<人魚JAPAN Facebookページ>

www.facebook.com/ningyojapan

<大会公式ページ>

www.aidaworldchampionships.com/

<フリーダイビング日本代表チームFacebookページ>

www.facebook.com/フリーダイビング日本代表チーム-1130294933717449/

<AIDA International公式Webサイト>

www.aidainternational.org/

重要なお知らせ一覧へ戻る