スポーツ感動物語 アスリートの原点 第2巻 ゆずれない信念

スポーツ感動物語 アスリートの原点

第2巻 ゆずれない信念

内容紹介
アスリートたちの活躍の背景には,学生時代や下積み時代の忘れられない原点がある。アスリートたちの感動エピソードを通して,子どもたちに夢と勇気を与える,感動ノンフィクションシリーズの第3弾。
掲載アスリート(抜粋)
  • 岡本美鈴(フリーダイビング)
  • 五郎丸歩(ラグビー)
  • ダルビッシュ有(野球)
  • 本田圭佑(サッカー)
  • 出版社: 学研プラス
  • 発売日: 2016/2/9
スキンダイビング・セーフティ― スノーケリングからフリーダイビングまで

スキンダイビング・セーフティ―

スノーケリングからフリーダイビングまで

出版社からのコメント
海へ出て行く、水中に入って行くダイビングを続けている人(ダイバー)は、水中という、陸棲の動物である私たち人間が元来生存を続けられない環境に自分の活動範囲を拡大する冒険者である。冒険者は危険を明確に知り、自分の能力、水中の状況を適切に判断して自分の活動の限界を見極め、危険を避けなくてはならない。 著者一同は「危険を具体的に知り、避けるためにはどうしたらよいのか」に力点に置いて、この本を執筆した。
  • 著者: 岡本 美鈴, 千足 耕一, 藤本 浩一, 須賀 次郎
  • 出版社: 成山堂書店
  • 発売日: 2015/6/26
Water Being

Water Being

amazon書籍紹介より
世界的にもめずらしい素潜り写真家の野口智弘が、沖縄の与那国から小笠原、知床など日本中の海や湖に潜り、撮り下ろした写真集が発売されました。 水中という極限の自然と相対するなかで著者が感じとった『存在し続けることのできない場所でしか知覚できないもの』とは? 仄暗い海にひと呼吸だけで潜るヒトたちが出会う、クジラやサメなどの海中生物たち。圧倒的な存在感を示す流氷や人工遺跡かと思わせる海底地形。時が止まったかのように朽ち果てずに今も眠る太平洋戦争の爪痕など、自然と人工の境界線を稀有で幻想的な写真で表現する。
  • 著者: 野口 智弘
  • 出版社: 野口写真事務所
  • 発売日: 2015/4/23
素潜り世界一 ~人体の限界に挑む~

素潜り世界一 ~人体の限界に挑む~

出版社からのコメント
〝ハイリスク・ローリターン〟のマイナー競技で、 記録を伸ばすほど死の危険が増す究極のスポーツ それでも潜り続ける理由とは? 映画『グラン・ブルー』に魅せられてフリーダイビングと出会い、「頂点に 立ちたい」という夢を追い求めた男はある日会社を辞め、プロのフリーダイバーに なった。マイナースポーツで、当時はプロを名乗る選手もいない状況。周囲 の反応は冷たかったが、彼は自らを信じ続けて努力を重ねた結果、日本人初 の国際大会優勝を実現し、アジア新記録を打ち立てる。サポートダイバーの 死、ブラックアウト、東日本大震災など選手としての危機を幾度となく味わいな がらも、なお〝世界一〟を目指して潜り続けるアスリートの奮闘記。
  • 著者: 篠宮 龍三
  • 出版社: 光文社
  • 発売日: 2014/7/20
毎日ポジティブ! 素潜りが教えてくれた素直で正直で楽な生き方

毎日ポジティブ! 素潜りが教えてくれた素直で正直で楽な生き方

公認会計士で起業家の著者が「イルカと泳ぎたい」という思いをきっかけに、フリーダイビング(素潜り競技)の日本代表選手に!? どんなに忙しくても常に楽しい、という著者のポジティブ思考を、フリーダイビングとの結びつきとともにひもときます。
  • 著者: 飯塚 幸子
  • 出版社: インプレス
  • 発売日: 2014/2/13
心のスイッチ

心のスイッチ

出版社からのコメント
フリーダイビング。それは3分30秒の旅−−。「生」から遠ざかる命がけのダイブ。それは月に降り立つよりも希少な経験。「死」と向き合った極限のスポーツ。 人類史上5人しか達成していない水深115メートル(約30階建てのビルに相当)の世界で、無我の境地に到達した超人・篠宮龍三。 ジャック・マイヨールを超えた唯一の日本人。彼はなぜ、何のために潜るのか。生死の狭間で見たものとは。 この混迷の現代社会で、「本当に大切な何か」を見失いつつある人、困難に立ち向かっている人必読の一冊。
  • 著者: 篠宮 龍三
  • 出版社: 竹書房
  • 発売日: 2011/10/14
BLUE ZONE

BLUE ZONE

「BOOK」データベースより
人類史上13人しか体験しえていない水深100メートル超の世界、その極限の世界に到達し、世界記録を目指し続けるただ一人の日本人。
  • 著者: 篠宮 龍三
  • 出版社: 牧野出版
  • 発売日: 2010/8/1
Glaucos

Glaucos (1)-(4)

amazon書籍紹介より
激闘の舞台は海へ! もう1m記録を伸ばせばその分、空気のある海面までが遠くなる! ただ一息でどこまで深く潜れるかを競うフリー・ダイビング。その死に直結した恐怖のバトル世界、壮絶な戦いに、イルカに助けられ生まれた少年・シセが挑む!! この少年こそ、海の神に選ばれし者だった。世界のトップ選手もそのリアリティを絶賛した、フリー・ダイビング漫画を、『迷走王ボーダー』、『軍鶏』の鬼才たなか亜希夫が描く!!
  • 著者: たなか亜希夫
  • 出版社: 講談社
  • 発売日: 2004/3/23 – 2005/4/22
アプネア ~海に融けるとき~ 世界一深く潜る男

アプネア ~海に融けるとき~ 世界一深く潜る男

1976年11月、ジャック・マイヨールは人類で初めて素潜りで100メートルに達した。それから20年。1996年9月16日、ウンベルト・ペリッツァーリはついに130メートルの壁を越えた。 グランブルーを巡る男たちの闘いの記録
監訳者後書きより
「ダイビングは愛であり記録を追い求めることではない。今われわれ人類がすべきことは、イルカや鯨に学び、海への愛を深めることだ」とマイヨールは言う。しかし、ウンベルトは臆することなく反論する。「僕は愛で潜るのではない。本能のおもむくままにそこへ行くのだ」
  • ウンベルト・ペリッツァーリ=作
  • 早川信久=監訳
  • にじゅうに・定価1,800円(本体1,748円)
イルカとジャック・マイヨール

イルカとジャック・マイヨール Le dauphin et Jacques MAYOL

素潜りで世界最初に水深100mの壁を超え、イルカと話をする男。ジャック・マイヨール。 彼は66歳になる今もホモ・デルフィナス(イルカ人間)を夢見て時間の許す限り、海に入る。 ホモ・デルフィナスとはいったい何なのか?何故深海に潜るのか? マイヨールのこれまでの業績と哲学にわかりやすくアプローチ。自然の中に生きる地球人マイヨールの海中世界にようこそ。
  • 著者:関 邦博
  • 発行所:水中活動研究所